ブログ /

シューカツ対策

仕事に役立つ情報や面白いコンテンツをご紹介します。

短期のバイトをする前に確認しておきたいポイント

短期のバイトをする前に確認しておきたいポイント

求人サイトや求人情報誌には、様々な短期バイトの情報があります。授業が忙しい学生さん、掛け持ちでのアルバイトの方、就職活動中の方等はスケジュール調整がしやすい短期のバイトは好都合なのではないでしょうか。
今回は短期のバイトをする上で事前に確認しておきたいポイントをご紹介します。応募時や面接時に雇用主に確認する事をおすすめします。

目次

  1. お給料とその他手当
  2. 支払い方法と支払日
  3. 必要な持ち物
  4. 勤務初日の流れ
  5. 最終勤務日の流れ

1.お給料とその他手当

当然ですが、まずお給料がいくらなのかが一番気になりますよね。

・時給がいくらなのか?
もしくは日当がいくらなのか?

は確認して下さい。さらに、、

・交通費は別途出るのか?
・「まかない」や「お弁当」は出るのか?

も確認しておくと良いですね。

2.支払い方法と支払日

お給料がいくらなのかを確認したら、支払方法と支払日も確認して下さい。
支払い方法は、

・現金支払いか?
・銀行振り込みか?

さらに、

・現金支払いの場合はどこで支払われるのか?
・銀行振り込みの場合は何銀行の口座が必要なのか?どこの口座でも良いのか?

も確認しておくと良いですね。
支払日に関してですが、いつ貰えるのかが気になる方は、「月払い」なのか「週払い」なのか「日払い」なのかも確認して下さい。「月払い」は通常「●日締め翌月●日支払」といった形です。(※当社であれば月末締め、翌月20日支払)
「週払い」や「日払い」は会社ごとに規定があると思いますので確認して下さい。規定とはその会社独自の条件やルールの事です。
例えば、、

・勤務実績を証明するタイムカードの様な物がある
・その勤務実績の提出期限がある
・遅刻すると罰金がある
などなど。

シンプルに「働いてから何日後にいくら貰えるのか」これが気になりますよね。
特に急ぎでお給料が必要な方は、事前に確認しておきましょう。

3.必要な持ち物

バイトをするにあたってメモ帳、筆記用具は当然として、その他の必要な持ち物は必ず確認して下さい。
例えば、

・電卓
・時計
・勤務時の服装(ワイシャツの指定、靴の指定等)
などなど。

職場によるとは思いますが、持ち物が必要な職場があると思いますので確認して下さい。
また必要な持ち物をお持ちでは無い場合は、自分で用意しなければならない事が多いと思いますのでご注意ください。
せっかく短期で稼ごうと思っても、もし購入しなければならない必要な持ち物が多ければその分残るお給料が減ってしまいます。
例えば、、お給料が1万円でも必要な物が3千円かかると、残るのは7千円ですよね。

4.勤務初日の流れ

さあ、いざ働く事を想像して下さい。初めての職場の場合、特に初日は不安な事も多いと思います。そのため事前に初日の流れを確認して心の準備をしておきましょう。

・初日はどこに集合か?
・服装は?
・誰の指示を仰ぐか?
などなど。

5.最終勤務日の流れ

「終わりよければ全て良し」です。最終日にやらなければいけない事を確認しましょう。

・返却物は無いか?
・提出物は無いか?
・最後の挨拶はしたか?
などなど。
特に、返却物を無くしてしまうと「罰金」というお仕事もあると思います。しっかりと管理したいですね。

まとめ

通常は雇用主が上記の詳細を面接時やお仕事前にしっかりとお伝えすると思います。しかし、もし雇用主から話が無く心配であれば事前に確認しておく事でトラブルを防げると思います。

【関連記事】
▶︎バイトはWeb応募と電話応募どっちが良い?採用担当が語る真実

▶︎バイトの掛け持ち、メリットとデメリットを聞いたらおすすめの働き方が分かった

▶︎初バイトの前に派遣登録をおすすめする5つの理由

▶︎【バイト面接の質問集】未経験でも接客業に採用されるために

▶︎初バイト、働くうえで必要なあたりまえな持ち物とは?

Share

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

D-SPARKの最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

おすすめ記事

バイトの掛け持ち、メリットとデメリットを聞いたらおすすめの働き方が分かった
バイトの掛け持ち、メリットとデメリットを聞いたらおすすめの働き方が分かった2015.06.30
【対談】カリスマに聞いた!百貨店短期バイトで売上を上げる方法
【対談】カリスマに聞いた!百貨店短期バイトで売上を上げる方法2015.02.02
大学生・専門学校生に登録制派遣をおすすめする5つの理由
大学生・専門学校生に登録制派遣をおすすめする5つの理由2014.12.17