ブログ /

ライフスタイル

仕事に役立つ情報や面白いコンテンツをご紹介します。

ポケモンGOでランニングへGO!走ってわかったメリット、デメリット、大切な事

ポケモンGOでランニングへGO!走ってわかったメリット、デメリット、大切な事

ポケモンGOが社会現象になっている。テレビもネットもポケモンGO。街中もポケモンGOをしている人たちだらけ。7月22日に日本でリリースされ、たった数日でこんなに世の中が変わってしまうポケモンGOはまさにモンスターである。

今回は大ブームのポケモンGOを、マイブームのランニング中にやってた感想をご紹介したいと思う。その「ポケモンGOランニング」をすることで新たな、次世代のランニング体験をすることが出来た。

ポケモンGOハマっている運動不足な人、健康のためにランニングをしたいけど継続しない人、そんな人は「ポケモンGOランニング」が解決してくれるかもしれない。

目次

そもそもポケモンGOをしながらランニングはできるのか?

歩きスマホに注意が呼びかけられている中、走スマホならぬポケモンGOランニングはできるのか?

結論、安全な使い方、安全なランニングコースであれば、安全にポケモンGOランニングは楽しめる。

ポケモンGOをしている人は常にスマホを見ながら歩いているイメージがあるが、ポケモンGOは常に見ていなくても遊べるのである。特に安全にランニングをするためには、ポケモンGOでやる事は2つだけにしておく。

それは【ポケモンの捕獲】と【ポケストップでのアイテム入手】。この2つだけであればランニングちうはほとんどスマホは見なくてもOK。なぜなら、ポケモンが出現した時はバイブで教えてくれるし、ポケストップの近くに来たら音で教えてくれるからだ。

自分の場合はスマホを手に持ってイヤホンをしてランニングをした。スマホはノールックのままランニングをして、上記の2つの時だけ周囲の安全を確認してスマホを触る事で安全にポケモンGOをする事が可能なのだ。なおかつポケモンGOに慣れてくればポケストップでのアイテム入手は、ほぼノールックで感覚だけで出来てしまう。

出現したポケモンも全部捕獲する必要は無い。何度も出現するレア度が低いポケモンはスルーしてランニングに集中するのだ。このようにすればポケモンGOランニングはあくまでランニングがメインで、ポケモンGOはランニングを楽しむための一つのツールとなる。あと大切なのはランニングコースはあまり人がいないコースを選ぶようにする事。人が多い街中はNG。車が通る危険なコースも絶対にNGである。

そして重要な事。ポケモンGOをする時に一番周りが見えなくなってしまう時は、下記画像の様にポケモンにボールを投げて捕まえる時だ。特にレアキャラが出現した時は興奮状態で視野が狭くなる人がいるのではないだろか。

20160724093336-60be44d7920cae93055ceb50408181e6355fa474.png

この時、ボールを1回も投げずにポケモンに逃げられる事はないらしいので、少し冷静になって、しっかり周りを確認して、安全な場所でポケモンを捕獲すれば良い。安全第一、ポケモン第二。

このよに安全な使い方、安全なランニングコースでポケモンGOランニングをする事で安全に楽しめるのだ。

ポケモンGOランニングのメリット

■ランニングが習慣化するかも

ランニング習慣にするのが難しい。この記事(ランニング初心者がすべき7つのこと)にあるようにランニング初心者が走り始めたばかりの時は習慣にするのが難しい。

特に最初の頃は外に出ること自体ハードルが高い。腰が重い。しかしポケモンGOをするためなら外に出られるのではないだろうか?このポケモンGOの力を借りれば、ランニングの回数も増えて、気付いたらランニングが習慣になるかもしれない。

■効率的にタマゴを孵化(ふか)させることが出来る

ゲットしたタマゴを孵化させるには「ふかそう」と呼ばれる装置にタマゴを入れて、決められた距離を歩かないとタマゴが孵化しない。つまりポケモンが生まれない。

20160724094111-3c8d167c6624c61cc565a3cdbbd95251745967bb.png

決められた距離は2キロ、5キロ、10キロがあるが、この距離を歩くとなると時間がかかる。これをポケモンGOランニングする事で時間短縮が可能となり、効率的なのである。

■スロージョギングでダイエット効果

これは先ほどのタマゴの孵化に大きく関係する。タマゴを孵化させるためには、ポケモンGOランニングはゆっくり走らないといけない。どういう事かというと、ポケモンGOは時速10キロ以上で走る(移動する)とタマゴを孵化させるための距離に換算されないのだ。これは電車や車に乗った時に換算されないようにするための仕組みなのだろう。タマゴを孵化させるためには、ランニングペースは1キロ6分よりもゆっくりペースがポイントなのでちういが必要だ。

この仕組みはスロージョギングをしなければならないという制約を生むが、この記事(スロージョギングで痩せられる!効果と走り方)にあるように普通に走るよりもゆっくり走ったほうが痩せるとい結果もある。

実際に普段よくランニングをする自分も、ポケモンGOランニングという名のスロージョギングをすると、普段と筋肉の使い方が違うのか、太ももの筋肉がいつもと違う疲れ方をしていた。

そして当然だが、普段ランニングをしない人からすれば、ポケモンGOがランニングをするきっかけとなり、続けるモチベーションになり、それが習慣化すればダイエット効果を実感できるようになるはずだ。

3つほどメリットをご紹介したが、普段走っている現実のランニングコースにいきなりポケモンが現れてくる感覚はなんとも言えないもしろさがある。まさに次世代のランニングの楽しみ方だ。一度は試して頂きたい。

ポケモンGOランニングのデメリット

■早く走れない

やはり普段ランニングを真剣にやっているランナーや、ある程度速く走りたい人はポケモンGOランニングは向かないだろ。ポケモンGOランニングは違うジャンルのランニング、趣味と捉える必要がある。

■スマホを手に持って走らないといけない

これもランナーからしたらおおきなストレスだ。

■ランニングアプリを同時に使うと正常に動作しない可能性が

これはソフトウエアのバージョン等にもよると思うが、ポケモンGOとランニングアプリを同時に使用すると若干の誤作動が感じられた。

何より大切な事

ポケモンGO楽しい。ランニングも楽しい。そしてポケモンGOランニングもそれぞれ単体でやるのとは異なった楽しさ、体験がある。

しかしどれだけ楽しくても、何よりも大切な事は、

安全第一。マナーも守る

テクノロジーが生んだこの何十年かに一度の社会現象を、全世界で、安全に、マナーを守って楽しもう。そうすれば未来はもっと楽くなりそうだ。

【関連記事】
ランニングの効果はダイエットだけじゃない、意外な8つの効果とは?

▶︎ランニング初心者がすべき7つのこと

▶︎スロージョギングで痩せられる!効果と走り方

Share

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

D-SPARKの最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

この記事の後によく読まれている記事

ライフスタイルデパートの北海道物産展、みんなのおすすめスイーツ、海鮮丼とは?
デパートの北海道物産展、みんなのおすすめスイーツ、海鮮丼とは?2016.03.14
ライフスタイル辛い肩こりはストレッチで解消!効果的な方法とは?
辛い肩こりはストレッチで解消!効果的な方法とは?2016.03.10
ライフスタイル北海道物産展へ行こう!デパートおすすめ会場【2016東京・名古屋・大阪】
北海道物産展へ行こう!デパートおすすめ会場【2016東京・名古屋・大阪】2016.03.02
ライフスタイルホワイトデープレゼント、人気のお返し買うなら百貨店がおすすめ【2016東京・大阪】
ホワイトデープレゼント、人気のお返し買うなら百貨店がおすすめ【2016東京・大阪】2016.02.25
ライフスタイル春休みの暇つぶしにどうぞ、大学生に見て欲しい記事7選
春休みの暇つぶしにどうぞ、大学生に見て欲しい記事7選2016.02.18
ライフスタイルホワイトデーのお返しで本命彼女に喜ばれるプレゼント5選
ホワイトデーのお返しで本命彼女に喜ばれるプレゼント5選2016.02.15